タグ別アーカイブ: 高木登

「美浦」北厩舎所属の調教師”高木登とは”

競馬予想で重要な調教師”高木登とは”

競馬の調教師は、日本中央競馬会(JRA)か、地方競馬全国協会から、調教師免許を取得しなければなりません。競馬会では調騎分離の制度があり、調教師と騎手は同時に免許を持てないことになっていて、騎手が調教師になりたければ騎手免許を返上しなければなりません。高木登は、調教免許を2006年に取得し、所属団体が日本中央競馬会の美浦トレーニングセンターで、生年月日は、1965年5月25日です。

出身地は神奈川県になります。美浦トレーニングセンターは、茨木県美浦村にあり、1978年に開場し、北厩舎と南厩舎に分かれ、高木登は北厩舎に所属します。

競走馬は、約2.000頭を飼育していて、調教師と調教助手、厩務員を合わせると1.000人もの人が働いています。平坦な地形のため、坂路コースが無く、競走馬を強化できず、栗東トレーニングセンターの競走馬には、なかなか勝利することができず、いまだ低迷状態にあります。

高木登が担当した競走馬には、スノードラゴン、ホワイトフーガ、サウンドトゥルーなどがあります。高木登の調教師成績は、2007年に初出走、初勝利と幸先の良いスタートをきりました。その時に乗っていた競走馬はサオヒメで、予想は16頭中2番人気でした。2013年には、函館競馬第三レースをもって、通算100勝を達成しています。

2014年3月には、毎日杯で一着となり重賞勝利を収め、同年10月には、スプリンターズステークスで、G1初勝利を競走馬スノードラゴンによって収めています。高木厩舎の最近の成績では、2016年10月15日、東京競馬場のサラ系2歳未勝利で騎手が大野拓哉、馬はヴォーガで一着を手にしています。

本年成績は、全レース204回のうち勝率が0.074%となっています。