タグ別アーカイブ: 調教師成績

「美浦」北厩舎所属の調教師”藤沢和雄とは”

競馬予想で重要な調教師”藤沢和雄とは”

藤沢和雄の所属団体は、日本中央競馬会(JRA)の美浦トレーニングセンターで、いわゆる関東の調教師です。藤沢流と言われる馬に負担をかけないソフト調教で一世を風靡した調教師です。

彼の生年月日は、1951年9月22日で、今年で65歳となりました。JRAの定年は70歳なので、定年までに再びダービーをはじめとするビッグレースをゲットできるのか注目を集めています。

彼の出身地は北海道の苫小牧で、父親の友人が経営する青藍牧場で働いていたところ、イギリスの名門厩舎で働くように勧められ、4年間修業してきました。その後帰国した彼は、美浦の菊池厩舎の調教助手として働くようになりました。その後あのシンボリルドルフの野平祐二厩舎へ移籍し、皇帝ルドルフと名ジョッキー岡部幸雄と出会うことになるのです。

1987年に念願の調教師として厩舎を開業して以来、日本を代表する調教師へと駆け上がっていきました。彼が注目されるようになったきっかけは、シンコウラブリーでのマイルチャンピオンシップ勝利でした。それからタイキファームや山本英俊氏のマル外旋風で、国内のビッグレースだけでなく、ジャック・ル・マロウ賞というフランスのG1をもゲットしたのです。

彼は主戦騎手を岡部幸雄と、その時短期免許で来日していた外国人のジョッキーに固定していたことが高成績を挙げられた秘訣です。平場のレースは厩舎所属の若い騎手を起用し、勝負がかかったレースは岡部やペリエ、デザーモに容赦なくスイッチしていったのです。

その結果彼の調教師成績は、2016年10月10日現在JRA通産1323勝、G1勝利数22勝と、まさにJRA史上3本の指に入る名調教師です。

藤沢厩舎を馬券を攻略する上でポイントとなるのが、今も昔も外国人ジョッキーが乗る時です。今ならルメールを起用した時が勝負がけの時なので、予想が立てやすいです。

〜競馬予想オススメ-

競馬予想をする上で様々な情報を集めることが勝利への近道になります。しかし、その情報をどこで手に入れるか?競馬新聞なのか?競馬予想サイトなのか?競馬好きの知人なのか?情報を得る場所は様々です。ですが競馬予想初心者は競馬予想サイト口コミで選ばれたサイトの無料情報を使うことが勝利への近道といえます。ここでは多数の口コミで選ばれた日本屈指の競馬予想サイトを紹介していますね。

「美浦」北厩舎所属の調教師”堀宣行とは”

競馬予想で重要な調教師”堀宣行とは”

堀宣行の所属団体は、JRAの美浦トレーニングセンターで、いわゆる関東の調教師です。ドゥラメンテやモーリスで一世を風靡した彼は、今や「世界の堀」なのです。

彼の生年月日は1967年11月9日、出身地は千葉県です。2002年に調教師免許を取得し、翌年3月に開業しました。開業3年目からコンスタントに20勝以上あげ、中堅厩舎として活躍していましたが、2010年代に入りキンシャサノキセキを輩出した頃から注目されるようになりました。

2010年の高松宮記念で初G1勝利をあげると、同年天皇賞春をジャガーメイルで制するなど、一躍関東のトップ調教師の仲間入りしたのです。この頃から調教師成績は、コンスタントに30~40勝あげ、毎年重賞レースを獲得しています。

彼の調教師成績のキャリアハイは2015年で、54勝をあげ最多勝と最高勝率調教師の調教師と2冠に輝きました。さらにドゥラメンテで皐月賞・日本ダービーの2冠、モーリスで安田記念・マイルチャンピオンシップの2冠を制したのです。その後モーリスは香港マイルや2016年チャンピオンズマイルを制し、世界のトップマイラーホースへと駆け上がったのです。

特にモーリスは、転厩により途中から手がけるようになりました。虚弱体質だった彼の体調にうまく合わせた調教で、彼を世界のトップホースへと育てた手腕は競馬関係者だけでなく、競馬ファンにも広く知られています。

堀厩舎を馬券予想の上でポイントとなるのが、外国人ジョッキーです。特に世界のムーアを起用した時が一番の勝負時です。現在世界のG1レースが日本でも購入できるようになり、今後は世界の舞台でも狙えます。また調教師としての腕があるので、新馬や休養明けの馬でも十分狙えます。

このように堀宣行とは、現在JRAのトップ調教師で、世界中のホースマンから注目される存在です。

「美浦」北厩舎所属の調教師”古賀慎明とは”

競馬予想で重要な調教師”古賀慎明とは”

古賀慎明は、美浦トレーニングセンターに所属する調教師です。
父も元調教師であり、一族の中にも競馬関係者が多いことが知られています。

生年月日は1965年6月11日で、所属団体は日本中央競馬会となります。出身地は千葉県です。
彼は競馬学校の厩務員過程に入学し、翌年度に飯塚好次調教師の元で調教厩務員となりました。その後は藤沢和雄調教師の厩舎で調教助手として経歴を重ねました。

2005年には調教師免許の試験に合格しています。
2006年より自厩舎を開業し、アネモネステークスに出走したアサヒライジングが厩舎の初勝利を飾っています。
この勝利は出走2戦目のことです。

主な調教師成績として、2007年のクイーンステークスをアサヒライジングで制覇したことや、2010年の優駿牝馬をサンテミリオンで勝利したことが挙げられます。

アサヒライジングのクイーンステークスは同厩舎の重賞初制覇であり、サンテミリオンの優駿牝馬はG1初制覇でもあります。サンテミリオンはアパパネとの同着優勝と言う、中央競馬史上でも稀な牝馬クラシック同着優勝を果たした馬として有名です。

その他にも主な管理馬として2008年のラジオNIKKEI賞を勝利したレオマイスターや、2009年のオーシャンステークスを勝利したアーバニティなどがいます。障害レースでは、新潟ジャンプステークスでアサティスボーイが勝利を飾っています。
2016年までに重賞勝利は通算6勝となっています。

2015年の夏にはJRA通算勝利数が200勝を超え、安定的に勝ち星を重ねています。近年は重賞勝利からは遠ざかっていますがコンスタントに勝利を重ねている厩舎でもあり、競馬予想にも重要な調教師となっています。

「美浦」北厩舎所属の調教師”小笠倫弘とは”

競馬予想で重要な調教師”小笠倫弘とは”

小笠倫弘はまだ40代の調教師でありながら、10年以上のキャリアがあるなど、30代の時から調教師として活動しており、東京大学を卒業するなど、その豊富なキャリアが注目を集めています。

小笠倫弘の出身地は大阪府で、所属団体はJRA、美浦トレーニングセンターの北厩舎所属です。東京大学在学中には馬術部に在籍していた小笠倫弘は、卒業後は牧場で働き、1997年に厩務員として、翌年には調教助手を務めるようになり、2006年に調教師デビューを果たしました。

当時は大穴をやたら開ける厩舎として競馬ファンから知られており、予想の際にも参考にされました。小笠倫弘の生年月日は1971年7月19日です。

調教師成績ですが、2006年からコンスタントに勝ち星を挙げており、毎年10勝前後をマークするなど、安定感があります。2010年には25勝を挙げ、その年にJRAでの初重賞勝利をマークしました。

近年ではケイアイチョウサン、ブレイブスマッシュでも重賞を勝っており、今後が注目されます。成績別でみると、1番人気での成績があまり良くなく、年によっては複勝圏内でも3割を切り、人気が低くても同じような成績となっているなど、いい意味でも悪い意味でも人気に左右されない傾向にあります。

また、東京競馬場を得意としており、中山競馬場よりも高い安定感を誇るのも特徴です。近年こそ成績が多少下降気味にありますが、あまり得意とはしていない短距離レースの克服や他の競馬場での成績、人気で確実に勝てるなどのことをクリアすればまだまだ伸びる厩舎であり、予想の際にはそのあたりのことを十分注意して、小笠倫弘厩舎の馬を見ていくということが問われることになります。

「美浦」北厩舎所属の調教師”国枝栄とは”

競馬予想で重要な調教師”国枝栄とは”

競馬の調教師、国枝栄の生年月日は1955年4月14日で出身地は岐阜県本巣郡北方町です。1978年に美浦の山崎彰義厩舎で調教助手となり1989年に調教師試験に合格して免許を取得、厩舎の開業は1990年で所属団体は美浦北厩舎でした。初年度の調教師成績としては1990年2月4日、東京競馬第3競走に出走したのシャインハードでデビュー。

当馬の着順は11着でした。初勝利を上げたのは翌月3月10日、中山競馬の第10競走に出走したのリュウカムイで出走のべ9頭目で達成しました。また5月にはヤマシゲオーでNHK杯に出走し初重賞出走となりました。初年度はのべ80頭を出走させ、平地のみで8勝、2着7回、3着7回という成績を残しました。

開業2年目は9勝、3年目は14勝の成績を残し、初の重賞制覇は開業8年目、1998年のダービー卿チャレンジトロフィーに出走したブラックホークで二番人気で制しました。

同年にはボードセイリングで初のG1朝日杯3歳Sに参戦すると共に、直後に行われたG1スプリンターズステークスをブラックホークで制覇し、国枝栄の初G1勝利となりました。また2001年には年間勝ち数を30勝に乗せ、さらに2004年には過去最高の41勝を記録すると共に関東優秀調教師賞を、さらには2007年に東京競馬記者クラブ賞を受賞しました。

2010年には3歳牝馬アパパネによって牝馬クラシック三冠を成し遂げており、2016年時点で通算勝利数は700勝を超え、重賞通算勝利数37勝を記録しています。

G1はブラックホーク、ピンクカメオ、マツリダゴッホ、アパパネ、ダノンプラチナで通算10勝を挙げていて関東有数の調教師として確固たる地位を築いており、今後さらなる活躍が予想されます。

「美浦」北厩舎所属の調教師”高木登とは”

競馬予想で重要な調教師”高木登とは”

競馬の調教師は、日本中央競馬会(JRA)か、地方競馬全国協会から、調教師免許を取得しなければなりません。競馬会では調騎分離の制度があり、調教師と騎手は同時に免許を持てないことになっていて、騎手が調教師になりたければ騎手免許を返上しなければなりません。高木登は、調教免許を2006年に取得し、所属団体が日本中央競馬会の美浦トレーニングセンターで、生年月日は、1965年5月25日です。

出身地は神奈川県になります。美浦トレーニングセンターは、茨木県美浦村にあり、1978年に開場し、北厩舎と南厩舎に分かれ、高木登は北厩舎に所属します。

競走馬は、約2.000頭を飼育していて、調教師と調教助手、厩務員を合わせると1.000人もの人が働いています。平坦な地形のため、坂路コースが無く、競走馬を強化できず、栗東トレーニングセンターの競走馬には、なかなか勝利することができず、いまだ低迷状態にあります。

高木登が担当した競走馬には、スノードラゴン、ホワイトフーガ、サウンドトゥルーなどがあります。高木登の調教師成績は、2007年に初出走、初勝利と幸先の良いスタートをきりました。その時に乗っていた競走馬はサオヒメで、予想は16頭中2番人気でした。2013年には、函館競馬第三レースをもって、通算100勝を達成しています。

2014年3月には、毎日杯で一着となり重賞勝利を収め、同年10月には、スプリンターズステークスで、G1初勝利を競走馬スノードラゴンによって収めています。高木厩舎の最近の成績では、2016年10月15日、東京競馬場のサラ系2歳未勝利で騎手が大野拓哉、馬はヴォーガで一着を手にしています。

本年成績は、全レース204回のうち勝率が0.074%となっています。

「美浦」北厩舎所属の調教師”小野次郎とは”

競馬予想で重要な調教師”小野次郎とは”

小野次郎は、競馬の調教師で、所属団体は日本中央競馬会です。

出身地は東京都で、生年月日は1970年8月1日、身長は160センチ、体重は50キロです。1989年から2010年までは騎手として活躍し、通算で500勝を超える勝ち星をマークしました。騎手時代の所属厩舎は美浦の高松邦男厩舎でした。

初騎乗は1989年3月11日の中山12レースで、騎乗馬はアイディンリリーでした。この時は15頭立てで15着に終わりましたが、5月7日の東京4レースのホッカイカオリに騎乗して初勝利をあげました。

また、デビューのこの年に牝馬東京タイムズ杯で重賞初騎乗も経験し、デビュー1年目は15勝を挙げました。1995年には カブトヤマ記念をアイオーユーで勝ち、重賞初制覇を飾りました。その後、引退までに重賞5勝をマークしました。2010年12月9日に新規調教師免許試験に合格したことが発表され、 2010年10月24日の騎乗を最後に引退しました。

2002年には自身年間最多となる年間54勝をあげ、馬券予想の際に信頼を置いている競馬ファンも多かったのです。2011年3月に厩舎を開業して調教師人生がスタートしました。主な調教師成績としては、中央初出走が2011年3月19日の小倉2R3歳未勝利戦のレゴリスで、この時は7着に終わりました。

厩舎開業後の初勝利は、2011年8月7日の函館2R3歳未勝利 戦のワニタベンテンでした。この勝利は開業後のべ60頭目の出走馬で、この年は合計で158回出走して5勝を挙げました。また、重賞への初出走は、2012年8月18日の新潟ジャンプステークスで、この時に出走したカネスラファールは14頭立ての3着でした。

「美浦」北厩舎所属の調教師”久保田貴士とは”

競馬予想で重要な調教師”久保田貴士とは”

久保田貴士は名馬タイキフォーチュンなどの調教を担当する調教師で、所属団体は日本中央競馬会となっています。美浦トレーニングセンターを拠点として活動を行い、生年月日は1967年9月17日、出身地は茨城県です。

父の久保田敏夫もまた調教師として馬に関わり、日本中央競馬会に所属していました。久保田敏夫が調教を行った馬としてユキノビジンなどが挙げられ、クイーンステークスや桜花賞で優秀な成績を残しています。

久保田貴士もまた子供時代から乗馬などで馬に親しむ環境にありました。大学生になった久保田は全日本学生馬術選手権大会などで優勝し、卒業後にも馬と関わる仕事を志してイギリスに渡っています。イギリス、ニューマーケット競馬場に所属する調教師クライヴ・ブリテンに師事し、クライヴ・ブリテン厩舎に入ると数年間の修行を行いました。1992年には日本へ帰国し、JRA競馬学校厩務員課程へと進んでます。

開業は2003年で、開業に至るまでに美浦厩舎などで修業を積み重ねています。

開業1年目の成績は6勝となっており、以降は着実に勝利を挙げ、2007年にはアンタレスステークスでワイルドワンダーが重賞勝利を飾ります。スプリンターズステークスやエリザベス女王杯にも出走し、エリザベス女王杯を走ったマリアライトは優勝を獲得して久保田の調教師成績に花を添えました。

久保田貴士は2007年および2009年には優秀調教師賞の栄誉を受けるなど、今後も活躍が予想される調教師です。久保田管理の馬としてはマリアライトやワイルドワンダー、ストロングガルーダなどが挙げられます。このうちマリアライトは2015年、2016年と、エリザベス女王杯や宝塚記念で優秀な成績をおさめています。

「美浦」北厩舎所属の調教師”和田正一郎とは”

競馬予想で重要な調教師”和田正一郎とは”

和田正一郎は、所属団体が日本中央競馬会の調教師です。

出身地は千葉県で、生年月日は1974年10月3日です。和田正一郎は、2002年の4月にJRA競馬学校の厩務員課程に入学し、厩務員を志しました。そして卒業後は美浦の成宮明光厩舎所属の厩務員となりました。

そして2002年の11月からは父の厩舎に移籍し、調教助手に転向しました。和田正一郎の父は調教師の和田正道氏で、父方の祖父は有限会社和田牧場代表者の和田正輔氏です。和田氏の父がやりがいを持って競馬に携わる仕事している姿を見ていたことがきっかけで、自身も調教師を志すことになったのです。

そして2009年の2月に、JRAの調教師試験に合格したことが発表された。この時、彼は34歳という若さでしかも難関と言われるJRAの調教師試験にわずか2度目の挑戦での合格したということで話題になりました。

そして2009年の5月に自信の厩舎を開業しました。和田正一郎の主な調教師成績としては、厩舎所属馬の初出走は2009年5月31日の中京8Rの トクトイムスメで、このレースでは勝てずに13着に終わりました。初勝利は2010年4月3日の中山4Rの 障害未勝利戦で、コンフェルヴォーレで勝ちました。また、重賞初出走は2010年8月8日の函館2歳Sのコットンフィールドでこの時は13着に終わりました。

重賞初勝利は2016年4月16日の中山グランドジャンプのオジュウチョウサンで、このレースの勝利で初の重賞競走勝利がGIとなりました。若くしてJRAの調教師となり、しかも親子2代にわたっての調教師ということで、彼の管理する馬に関してもファンは注目しています。馬券予想をする場合にも注意が必要です。