タグ別アーカイブ: 古賀慎明

「美浦」北厩舎所属の調教師”古賀慎明とは”

競馬予想で重要な調教師”古賀慎明とは”

古賀慎明は、美浦トレーニングセンターに所属する調教師です。
父も元調教師であり、一族の中にも競馬関係者が多いことが知られています。

生年月日は1965年6月11日で、所属団体は日本中央競馬会となります。出身地は千葉県です。
彼は競馬学校の厩務員過程に入学し、翌年度に飯塚好次調教師の元で調教厩務員となりました。その後は藤沢和雄調教師の厩舎で調教助手として経歴を重ねました。

2005年には調教師免許の試験に合格しています。
2006年より自厩舎を開業し、アネモネステークスに出走したアサヒライジングが厩舎の初勝利を飾っています。
この勝利は出走2戦目のことです。

主な調教師成績として、2007年のクイーンステークスをアサヒライジングで制覇したことや、2010年の優駿牝馬をサンテミリオンで勝利したことが挙げられます。

アサヒライジングのクイーンステークスは同厩舎の重賞初制覇であり、サンテミリオンの優駿牝馬はG1初制覇でもあります。サンテミリオンはアパパネとの同着優勝と言う、中央競馬史上でも稀な牝馬クラシック同着優勝を果たした馬として有名です。

その他にも主な管理馬として2008年のラジオNIKKEI賞を勝利したレオマイスターや、2009年のオーシャンステークスを勝利したアーバニティなどがいます。障害レースでは、新潟ジャンプステークスでアサティスボーイが勝利を飾っています。
2016年までに重賞勝利は通算6勝となっています。

2015年の夏にはJRA通算勝利数が200勝を超え、安定的に勝ち星を重ねています。近年は重賞勝利からは遠ざかっていますがコンスタントに勝利を重ねている厩舎でもあり、競馬予想にも重要な調教師となっています。