「美浦」北厩舎所属の調教師”藤沢和雄とは”

競馬予想で重要な調教師”藤沢和雄とは”

藤沢和雄の所属団体は、日本中央競馬会(JRA)の美浦トレーニングセンターで、いわゆる関東の調教師です。藤沢流と言われる馬に負担をかけないソフト調教で一世を風靡した調教師です。

彼の生年月日は、1951年9月22日で、今年で65歳となりました。JRAの定年は70歳なので、定年までに再びダービーをはじめとするビッグレースをゲットできるのか注目を集めています。

彼の出身地は北海道の苫小牧で、父親の友人が経営する青藍牧場で働いていたところ、イギリスの名門厩舎で働くように勧められ、4年間修業してきました。その後帰国した彼は、美浦の菊池厩舎の調教助手として働くようになりました。その後あのシンボリルドルフの野平祐二厩舎へ移籍し、皇帝ルドルフと名ジョッキー岡部幸雄と出会うことになるのです。

1987年に念願の調教師として厩舎を開業して以来、日本を代表する調教師へと駆け上がっていきました。彼が注目されるようになったきっかけは、シンコウラブリーでのマイルチャンピオンシップ勝利でした。それからタイキファームや山本英俊氏のマル外旋風で、国内のビッグレースだけでなく、ジャック・ル・マロウ賞というフランスのG1をもゲットしたのです。

彼は主戦騎手を岡部幸雄と、その時短期免許で来日していた外国人のジョッキーに固定していたことが高成績を挙げられた秘訣です。平場のレースは厩舎所属の若い騎手を起用し、勝負がかかったレースは岡部やペリエ、デザーモに容赦なくスイッチしていったのです。

その結果彼の調教師成績は、2016年10月10日現在JRA通産1323勝、G1勝利数22勝と、まさにJRA史上3本の指に入る名調教師です。

藤沢厩舎を馬券を攻略する上でポイントとなるのが、今も昔も外国人ジョッキーが乗る時です。今ならルメールを起用した時が勝負がけの時なので、予想が立てやすいです。

〜競馬予想オススメ-

競馬予想をする上で様々な情報を集めることが勝利への近道になります。しかし、その情報をどこで手に入れるか?競馬新聞なのか?競馬予想サイトなのか?競馬好きの知人なのか?情報を得る場所は様々です。ですが競馬予想初心者は競馬予想サイト口コミで選ばれたサイトの無料情報を使うことが勝利への近道といえます。ここでは多数の口コミで選ばれた日本屈指の競馬予想サイトを紹介していますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です