「美浦」北厩舎所属の調教師”堀宣行とは”

競馬予想で重要な調教師”堀宣行とは”

堀宣行の所属団体は、JRAの美浦トレーニングセンターで、いわゆる関東の調教師です。ドゥラメンテやモーリスで一世を風靡した彼は、今や「世界の堀」なのです。

彼の生年月日は1967年11月9日、出身地は千葉県です。2002年に調教師免許を取得し、翌年3月に開業しました。開業3年目からコンスタントに20勝以上あげ、中堅厩舎として活躍していましたが、2010年代に入りキンシャサノキセキを輩出した頃から注目されるようになりました。

2010年の高松宮記念で初G1勝利をあげると、同年天皇賞春をジャガーメイルで制するなど、一躍関東のトップ調教師の仲間入りしたのです。この頃から調教師成績は、コンスタントに30~40勝あげ、毎年重賞レースを獲得しています。

彼の調教師成績のキャリアハイは2015年で、54勝をあげ最多勝と最高勝率調教師の調教師と2冠に輝きました。さらにドゥラメンテで皐月賞・日本ダービーの2冠、モーリスで安田記念・マイルチャンピオンシップの2冠を制したのです。その後モーリスは香港マイルや2016年チャンピオンズマイルを制し、世界のトップマイラーホースへと駆け上がったのです。

特にモーリスは、転厩により途中から手がけるようになりました。虚弱体質だった彼の体調にうまく合わせた調教で、彼を世界のトップホースへと育てた手腕は競馬関係者だけでなく、競馬ファンにも広く知られています。

堀厩舎を馬券予想の上でポイントとなるのが、外国人ジョッキーです。特に世界のムーアを起用した時が一番の勝負時です。現在世界のG1レースが日本でも購入できるようになり、今後は世界の舞台でも狙えます。また調教師としての腕があるので、新馬や休養明けの馬でも十分狙えます。

このように堀宣行とは、現在JRAのトップ調教師で、世界中のホースマンから注目される存在です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です