「美浦」北厩舎所属の調教師”小野次郎とは”

競馬予想で重要な調教師”小野次郎とは”

小野次郎は、競馬の調教師で、所属団体は日本中央競馬会です。

出身地は東京都で、生年月日は1970年8月1日、身長は160センチ、体重は50キロです。1989年から2010年までは騎手として活躍し、通算で500勝を超える勝ち星をマークしました。騎手時代の所属厩舎は美浦の高松邦男厩舎でした。

初騎乗は1989年3月11日の中山12レースで、騎乗馬はアイディンリリーでした。この時は15頭立てで15着に終わりましたが、5月7日の東京4レースのホッカイカオリに騎乗して初勝利をあげました。

また、デビューのこの年に牝馬東京タイムズ杯で重賞初騎乗も経験し、デビュー1年目は15勝を挙げました。1995年には カブトヤマ記念をアイオーユーで勝ち、重賞初制覇を飾りました。その後、引退までに重賞5勝をマークしました。2010年12月9日に新規調教師免許試験に合格したことが発表され、 2010年10月24日の騎乗を最後に引退しました。

2002年には自身年間最多となる年間54勝をあげ、馬券予想の際に信頼を置いている競馬ファンも多かったのです。2011年3月に厩舎を開業して調教師人生がスタートしました。主な調教師成績としては、中央初出走が2011年3月19日の小倉2R3歳未勝利戦のレゴリスで、この時は7着に終わりました。

厩舎開業後の初勝利は、2011年8月7日の函館2R3歳未勝利 戦のワニタベンテンでした。この勝利は開業後のべ60頭目の出走馬で、この年は合計で158回出走して5勝を挙げました。また、重賞への初出走は、2012年8月18日の新潟ジャンプステークスで、この時に出走したカネスラファールは14頭立ての3着でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です