「美浦」北厩舎所属の調教師”和田正一郎とは”

競馬予想で重要な調教師”和田正一郎とは”

和田正一郎は、所属団体が日本中央競馬会の調教師です。

出身地は千葉県で、生年月日は1974年10月3日です。和田正一郎は、2002年の4月にJRA競馬学校の厩務員課程に入学し、厩務員を志しました。そして卒業後は美浦の成宮明光厩舎所属の厩務員となりました。

そして2002年の11月からは父の厩舎に移籍し、調教助手に転向しました。和田正一郎の父は調教師の和田正道氏で、父方の祖父は有限会社和田牧場代表者の和田正輔氏です。和田氏の父がやりがいを持って競馬に携わる仕事している姿を見ていたことがきっかけで、自身も調教師を志すことになったのです。

そして2009年の2月に、JRAの調教師試験に合格したことが発表された。この時、彼は34歳という若さでしかも難関と言われるJRAの調教師試験にわずか2度目の挑戦での合格したということで話題になりました。

そして2009年の5月に自信の厩舎を開業しました。和田正一郎の主な調教師成績としては、厩舎所属馬の初出走は2009年5月31日の中京8Rの トクトイムスメで、このレースでは勝てずに13着に終わりました。初勝利は2010年4月3日の中山4Rの 障害未勝利戦で、コンフェルヴォーレで勝ちました。また、重賞初出走は2010年8月8日の函館2歳Sのコットンフィールドでこの時は13着に終わりました。

重賞初勝利は2016年4月16日の中山グランドジャンプのオジュウチョウサンで、このレースの勝利で初の重賞競走勝利がGIとなりました。若くしてJRAの調教師となり、しかも親子2代にわたっての調教師ということで、彼の管理する馬に関してもファンは注目しています。馬券予想をする場合にも注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です